発売1週間前にミラコレ切らして初めて良さが身に染みた話[ミラノコレクション2018フェースアップパウダー]

スポンサーリンク

f:id:shosum:20171205025335j:plain

ミラノコレクションのフェースアップパウダーといえば、年に1度だけ受注生産するという特殊な販売方法を取っている人気のおしろい。

私はこれを去年初めて購入しました。

正直、ミラコレを初めて使ったときは世間の評判ほど素晴らしいものとは思えていませんでした。毛穴が全く目立たなくなるとかいうわけでもないし…。

そんな感じで、いまいち良さを実感しないまま一応2018年のミラコレも予約。

頻繁に化粧直しをしなければ1つで1年持つという噂を聞き、去年も今年も1つだけ予約したのですが…今年予約した2018年版が発売される12月1日のおよそ1週間前に、去年のを完全に使い切ってしまいました。あとちょっとだったのに…!と思いつつ、ミラコレを買う前まで使用していた他社のフェイスパウダーの余りで代用したのですが…やっと訪れたのです、実感するときが。

今回ミラコレを切らして以前まで使っていたパウダーに戻ったことによって、その違いにはっきり気付かされました(遅い)。

この記事では、その1年がかりで実感したことも含め、ミラコレの良さをピックアップしていきたいと思います。

 

     

1年持つと思えば安い

ミラコレのフェースアップパウダーは税抜12,000円です。これだけ聞くと「高っ!」って思いますが、ドラッグストアや、ネット通販のオムニ7で買うと30%オフになります。税抜約8400円。税を足しても1ヶ月換算で700〜800円。下手なパウダーをあれこれ試すよりむしろお得です。

ちなみにミラコレには″カネボウ版″、″トワニー版″、″インプレス版″と3種類ありますが、30%オフで買えるのは″カネボウ版″のみです。

 

化粧崩れしない

これが今回ミラコレを切らしたことによって見に染みた良さの1つです。

ミラコレ購入前に使っていたパウダーを代用したその日。家に帰ると、まーすっかり化粧崩れしていました。それと同時に気付きました。ミラコレって化粧崩れしなかったな…と(遅い)。

初めてミラコレ使った日に気付けよという話なのですが、まず最初ミラコレに対する期待値を上げ過ぎていたのもあるし、悪い状態から良い状態になるときより良い状態から悪い状態になるときのほうが差がわかりやすいのかもしれません。

とにかく他商品より化粧崩れしないのは確実です。

 

毛穴を目立たなくできる

これが2つ目の身に染みたことです。

ミラコレ購入以前のフェイスパウダーを使用後鏡を見てみると…あれ、このパウダーこんなに毛穴目立つんだっけ…ミラコレはもっと良かったよな…と。

それぞれのお肌の具合にもよるでしょうが、ミラコレも決してどんな肌でも毛穴ゼロ・ツルツルになる!とまではいきません。なので使う前にハードルを上げ過ぎるとがっかりするかもしれませんね。

けど、他のパウダーと比べて優秀であることは間違いありません。

 

ケースについて

"天使の絵のついた西洋風のゴージャスな印象"はそのままに、毎年違うデザインに変わります。こういう系の小物が好きな人にとっては最高でしょう。

厚みに関してだけは、薄型のコンパクトタイプと分厚いタイプ、毎年交互になるように出ています。

f:id:shosum:20171205025447j:plain

こんな感じ。そのためとりあえず2年買えば、あとはシーンごとにレフィルを移し替えて使うことができます。

 

ちなみに受注生産だけど、今も買える!

発売日以降、ドラッグストア店頭に普通に置いている場合もあるようです。キャンセル分の放出なのか何なのかは謎ですが毎年こんな感じのようです。

また、ネット通販のオムニ7では12月15日が発売日となっていて、今も予約ボタンが生きています。ミラコレ公認の通販サイトなので、ネットではここで買うのが最もオススメです。

 

そして30%オフではありませんがその他の通販サイトでも一応売っています。

でも何より受注期間に予約するのが1番なので、2019年のミラコレを購入予定の人は、ぜひ予約開始が発表されるのをチェックしていてください!

 

まとめ

実感するまで1年がかりになってしまいましたが、結果的にはクチコミで大勢の人が言っていたとおりの効果があることがわかりました。

「化粧下手な人こそミラコレを使うべき」とまで言われているので、とにかく万人向けのフェイスパウダーです。まだ使ったことがない人はぜひ一度試してみてください。(予約時期にはドラッグストアでサンプルが置かれたりしますので、ぜひ…)